とあるオタクの競馬日記

競馬予想ブログです。主に重賞について、「データと調教」から予想します。競馬予想は遊びじゃない!

シルクロードS & 根岸Sの予想☆

こんにちは、かずやです!
いつもお世話になっております。

 

 

【先週の結果】

東海S 無→▲→無 ハズレ
AJCC △→○→無 ハズレ

絶不調です。ちょい荒れを見込んだ東海Sはカッチカチの決着、◎ガイアフォースは固いと思ったAJCCでまさかの着外。この時期の印の回し方を本気で見直さないといけませんね…。

シルクロードS

◎②ナムラクレア

最終追い切り
・栗坂 51.7-37.2-24.3-12.4

本当は◎マッドクールの予定だったのですが、あまりにも人気をしすぎており馬券的妙味が薄すぎる。一方、昨年出走したレース全てに本命を打ち続けてきたナムラクレアは斤量の56.5㎏が嫌われての2番人気。それなら能力はGⅠ級だと疑っていないナムラクレアに本命を打つべきだろうと判断し、上記の結論に至りました。正直、1週間追い切りも最終追い切りも絶好調だった昨春に及ばず、あくまで前哨戦仕上げ感が強いのですが、幸いにもメンバーレベルは高くなく、内枠も引けたので能力で押し切る可能性は十分です。斤量で苦しむ実績馬を尻目にマッドクールとの叩き合いを繰り広げると考えています。

以下、○⑧マッドクール、▲①シャインガーネット、△⑦⑨⑬とします。

実績のある、ウインマーベルとトウシンマカオは痛恨の大外枠であることと、あまりにも重すぎるハンデを背負わされたので思い切ってノーマークとしました。両馬とも本番では評価を見直したいですがね。

[買い目]
ワイド流し ②-①⑦⑧⑨⑬

根岸S

◎⑬レモンポップ

最終追い切り
・南W 85.0-68.3-53.3-38.8-11.8

好メンバーが揃い、難解な一戦ですがレモンポップは固いと思います。今年の5歳ダート組は弱いと言われていますが、理由は明白。大将格であったレモンポップとタケルペガサスが長期離脱を余儀なくされていたからです。よって、この2頭だけは慎重に評価をする必要があり、実際にレモンポップは復帰後(4.3.0.0)のパーフェクトです。前走の武蔵野Sではギルデッドミラーの強襲に屈しましたが、1F短い1400になれば結果は変わるはずです。この馬の勝ち負けを見つつ、相手に穴が来ることを祈りましょう。

以下、○⑩タガノビューティー、▲⑭バトルクライ、△④⑤⑫とします。

人気のギルデッドミラーとテイエムサウスダンはきても馬券的妙味が0なので、来たら仕方がないで済まします(笑)

[買い目]
ワイド流し ⑬-④⑤⑩⑫⑭

東海S & AJCCの予想☆

こんにちは、かずやです!
いつもお世話になっております。

 

 

【先週の結果】

愛知杯 ◎→無→無 ハズレ
日経新春杯 〇→△→△ ハズレ
京成杯 ▲→無→◎ ワイド的中(トリガミ

初的中をしたもののトリガミ日経新春杯に関しては、キングオブドラゴンを拾っているにも関わらず本命抜けという結果。1月重賞の難しさに苦しんでいます。何とか残り2週で巻き返したいところです。

東海S

◎⑪スマッシングハーツ

最終追い切り
・栗W 82.7-67.9-53.2-37.8-12.0

前走チャンピオンズカップで7着と善戦したスマッシングハーツで固いと思います。どうしても脚質の関係から少し足りない結果が続いていますが、スムーズに走れば重賞でも足りると思います。前走GⅠ組は複勝率39.3%という心強いデータもありますし、どうやらフェブラリーSに色気を見せているようですので、ここでしっかりと賞金を稼いでもらいましょう。

以下、〇②オーヴェルニュ、▲④ハギノアレグリアス、△⑧⑫⑮とします。

[買い目]
ワイド流し ⑪-②④⑧⑫⑮

AJCC

◎⑩ガイアフォース

最終追い切り
・栗坂 54.0-38.7-24.8-12.0

ガイアフォース以外に本命を打てる馬がいないと思えるメンバー構成です。ガイアフォース自身も芝2200の馬か?と思っているので、スタミナ勝負になると一抹の不安があるのですが、セントライト記念の勝ちっぷりに敬意を表して本命にしたいと思います。

以下、〇⑨エヒト、▲⑭ラーゴム、△①④⑦とします。

[買い目]
ワイド流し ⑩-①④⑦⑨⑭

日経新春杯 & 京成杯の予想☆

こんにちは、かずやです!
いつもお世話になっております。

 

 

【昨日の結果】

愛知杯 ◎→無→無 ハズレ

この時期恒例の相手抜けですね。穴狙いにこだわった結果でもあるのですが、それならアイコンテーラーを拾わないとですね…。今年初めて本命馬が馬券内にきたことは喜ばしいことですので、昨年同様、本日のレースで初的中をさせて1月後半戦につなぎたいと思います。

日経新春杯

◎⑧ヴェローナシチー

最終追い切り
・栗坂 53.4-38.2-24.7-12.3

素直に買えば実績も追い切りも文句なしなヴェルトライゼンデなのですが、59㎏の斤量とたまにポカをする癖があるのがどうしても気になります。そこで本命を打つと決めたのがヴェローナシチーです。いくつか本命にする要素があるのですが、特筆すべきは今の鞍上の調子のよさでしょう。先週の月曜日から掲示板を外していない圧巻のパフォーマンスです。特に芝のレースではここを走れば伸びるんだと言わんばかりのレースを披露しています。少し足りない印象のヴェローナシチーに今の川田騎手が乗れば、重賞でも勝ち負けになるとみて本命に決めました。

以下、〇②ヴェルトライゼンデ、▲①ヤマニンゼスト、△③⑩⑫とします。

[買い目]
ワイド流し ⑧-①②③⑩⑫

京成杯

◎⑦セブンマジシャン

最終追い切り
・栗坂 54.3-39.1-25.2-12.5

ホープフルSに引き続きセブンマジシャンを本命とします。前走6着は前残りの展開に加え、道中かかったロスと原因が明確です。今回もかかる恐れはありますが、前走から半分の頭数しかいない今回であれば能力でこなしてしまうのではないか?と思います。鞍上にはルメールを確保して賞金を加算する気マンマンですので、しっかりと結果を出してほしいと思います。

以下、〇⑨シャンパンカラー、▲④ソールオリエンス、△②シーウィザードとします。

[買い目]
ワイド流し ⑦-②④⑨

愛知杯の予想☆

こんにちは、かずやです!
いつもお世話になっております。

 

 

【先週の結果】

シンザン記念 △→〇→△ ハズレ
フェアリーS 無→△→無 ハズレ

1月の重賞は難しい。特にフェアリーSなんて予想外過ぎましたからね。今週で一つでも的中にこぎつけて1月重賞を克服したいと思います。

愛知杯

◎③アートハウス

最終追い切り
・栗W 70.2-53.9-37.8-11.1

現在の中京競馬場は雨の重馬場とタフさが求められます。今回のメンバーの中でタフなレースを得意とするのがアートハウスです。父スクリーンヒーロー譲りのしぶとさを活かしてしっかりと賞金を稼いでほしいと思います。

以下、〇⑩ルビーカサブランカ、▲④ビジン、△①⑥⑦とします

[買い目]
ワイド流し ③-①④⑥⑦⑩

フェアリーSの予想☆

こんにちは、かずやです!
いつもお世話になっております。

 

 

【昨日の結果】

シンザン記念 △→〇→△ ハズレ

方針はあっていたのですが、◎にする新馬上がりの馬を選び間違えてハズレ。◎クファシルは気分よく走っていたと思うのですが…。鞍上が話したように距離が長かったのかどうか、次走以降でしっかり見極めたいところです。勝ったライトクオンタムは、新馬戦と違って控える形ながらも、これが偉大なるディープの血だと言わんばかりの走りでしたね。牝馬クラシック戦線の新星になれるか注目していきましょう。

フェアリーS

◎⑥ミシシッピテソーロ

最終追い切り
・南W 67.2-52.3-38.0-11.9

昨年の2着馬スターズオンアースが2冠馬になったり、一昨年の勝ち馬ファインルージュが桜花賞3着、秋華賞2着、ヴィクトリアマイル2着になったりと近年質が上がりつつある年明けの重賞。ただし今年は、今後の活躍が見込めそうな素質馬が見当たらず大荒れまであるとみています。
◎は阪神JF5着のミシシッピテソーロにしました。フェアリーSは内枠の馬が外をぶん回して差してくるパターンが多く、そのイメージに最も近いのがミシシッピテソーロです。アルテミスSの大敗でガクッと評価を落としてはいますが、新馬ダリア賞を上がり最速で差し切っているように、3歳時点ではオープンで勝ち負けできる脚は持っていると思います。道中は中断やや後ろで待機して、直線に外に持ち出せさえすれば結果は自ずとついてくると思います。

以下、〇⑨エナジーチャイム、▲⑦ディナトセレーネ、△④⑤⑩とします。

[買い目]
複勝 ⑥

シンザン記念の予想☆

こんにちは、かずやです!
いつもお世話になっております。

 

 

【前回の結果】

中山金杯 無→無→△ ハズレ
京都金杯 △→無→▲ ハズレ

東西金杯ともに振るわない結果に…。昆×横山親子のゴールデンタッグで決まりだと思ったのですが…。特に京都金杯の◎マテンロウオリオンは、不可解なポツンからの大敗。レース後のコメントもなく何があったのかわからない不満の残る結果でした。不可解な行動で1番人気を飛ばしたのですから、せめて説明くらいしてくれないと納得できないですね。

シンザン記念

◎⑤クファシル

最終追い切り
・栗坂 52.8-38.3-24.4-11.7

特別登録段階ではフルゲート近く登録があったと思うのですが、蓋を開けてみればまさかの7頭立て。馬券的に非常に悩ましい頭数になってしまいましたが、出馬表確定前の段階で本命を打ちたいと思っていた馬が無事に出走してくれました。
それがこのクファシルです。特筆すべきは上述の調教タイム。3歳のこの時期にラスト1F-11.7を軽々と出しています。モーリス産駒は父同様に晩成傾向が強いので基本的にはクラシック戦線で本命を打ちたくはないのですが、ここまで追い切りが優秀ですと本命を打たざるを得ません。実際、過去にクラシックの時期に重賞で活躍した、ピクシーナイト、ルークズネスト、シゲルピンクルビーは、追い切りで抜群の動きとタイムを出していたので、クファシルも結果を残してくるだろうという自信があります。小頭数になった原因がこの馬だったのかと思わせるようなレースに期待です。

以下、〇⑦ペースセッティング、▲③スズカダブル、△残り全頭とさせていただきます。

[買い目]
3連単フォーメーション ⑤→①③⑦→①②③④⑥⑦

中山金杯 & 京都金杯の予想☆

明けましておめでとうございます。かずやです!
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の成績を超えることを目標に予想に勤めますので乞うご期待。

 

 

中山金杯

◎①マテンロウレオ

最終追い切り
・栗W 81.7-67.0-52.4-37.7-12.0

4歳馬のマテンロウレオからいきます。マテンロウレオは、このレースの好走データである「57.5㎏・前走5着以内・前走2000で連対」にドンピシャで当てはまっています。能力もGⅢでは上位ですし、追い切りでも動いていて状態が良さそうですので内でどん詰まりさえしなければ馬券内は固いと思います。

以下、○⑥スカーフェイス、▲⑧カレンルシェルブル、△⑤⑦⑫とします。

[買い目]
ワイド流し ①-⑤⑥⑦⑧⑫

京都金杯

◎⑩マテンロウオリオン

最終追い切り
・栗坂 53.4-38.7-24.9-12.5

西の金杯昆貢厩舎のマテンロウでいきたいと思います。ここ2走は結果を残せていませんが、スワンSはそりゃ届きませんよという位置取りが全てですし、前走はGⅠだったので仕方ないと考えます。GⅢのメンバーでは能力最上位でハンデも57㎏と許容範囲。スムーズに外を回しておけば結果が付いてくると思います。2023年の開幕は東西で昆×横山のタッグで決まりです!

以下、○⑧ヴィクティファルス、▲②プレサージュリフト、△③⑦⑭とします。

[買い目]
ワイド流し ⑩-②③⑦⑧⑭